フォト
無料ブログはココログ

大津ボーイズ

試合結果

« 平成24年5月13日(土)通常練習 | トップページ | 大津ボーイズの走り方② »

2012年5月22日 (火)

大津ボーイズの走り方①

ひざ歩行と股関節歩行について

・ひざ歩行について
 ひざ歩行は着地時に曲がったひざを、太ももの『前』の筋肉を伸ばして歩きます。
 ひざを伸ばす意識とは別に、つま先で蹴る意識が働き、その結果前傾姿勢になり、猫背になりやすいです。
 ひざ歩行をしている選手を速く走らせる為に、もっと前傾姿勢でつま先を強く蹴って走れ
 というのは、そのとおりかもしれません。しかし蹴っている分、自分の体重を片足の
 ふとももの『前』の筋肉やふくらはぎの筋肉を利用してエネルギーに変えているので疲労しやすく、
 一日の練習単位になるとバテやすくなるのではないでしょうか?
 Cocolog_oekaki_2012_05_22_11_08

 ・運動エネルギーが単発のイメージ
 

 指導前(ひざ歩行)の選手達の感想
  ダッシュの練習や長距離のランニングはしんどかった。
  ダッシュの時、距離が長ければ長いほど疲れて、スピードがダウンしている感じがする。


・股関節歩行について
 股関節歩行は、着地時に曲がっているひざをかかとから地面に着く同時もしくは、反動を
 得てから しっかりと膝を伸ばすことを意識します。そうすると『お尻』と太ももの
 『後ろ(ハムストリング』の筋肉を 使うことが出来ます。
 その結果、自然と背筋が伸び、地面を着く反対のふとももが自然と上がってきます。
 体の後ろの筋肉は強いので、長距離のランニングや短距離もバテにくくなります。
 また股関節歩行を行うと、ひざに負担がすくなくなり、股関節の可動域も広がります。


股関節歩行

Cocolog_oekaki_2012_05_22_11_26

地面の反力、股関節の連動による左右の動き ※絵のイメージが遅そうなのは御了承下さい。

指導後(股関節歩行)の選手達の感想
  ダッシュの練習や長距離のランニングが疲れなくなり、楽しくなった。
  ダッシュ後や長距離のランニング後のインターバルが短くても、また走れるようになっている。
  距離が長ければ長いほど、グングンと加速していくのがわかる。


               

« 平成24年5月13日(土)通常練習 | トップページ | 大津ボーイズの走り方② »

ひとつなぎの野球論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1645238/45360799

この記事へのトラックバック一覧です: 大津ボーイズの走り方①:

« 平成24年5月13日(土)通常練習 | トップページ | 大津ボーイズの走り方② »