フォト
無料ブログはココログ

大津ボーイズ

試合結果

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

力のイメージ

baseball回転運動、スイングのイメージ
・軸はブレずに
・引きつけて
・前につっこまずに
・コマの様に回す
Cocolog_oekaki_2012_06_29_13_40

・ボールを近くまでよく見れる
・目がブレないので、ボールをよく見れる
・いろんな球に対応しやすい
・外からみると、バットがブンッと振れているように見える
・選球眼では、際どいボールをストライクかボールの判断をする
・水色は力関係ではマイナスの部分
・オーバースイングの部分は、回らない腰が回転により無理に回される部分
 この部分の蓄積が腰痛になる。

baseball 打撃のイメージ(大津ボーイズはこっち)
・横向きから正面に向く力を出来る限り、まっすぐに伝える
・テイクバックでバットを引くかわりに、体が前に進み、バットを置いてくる
・腰を回転させるというよりは、後ろから前にぶつける

Cocolog_oekaki_2012_06_29_13_54

・下半身から前に進むが、頭も動くのでボールを捕らえにくい
・打つ時にフラフラする
・タイミングをはずされると、みるも無残な結果がまっている
・全球対応出しにくい。そのかわりしっかりと決め打ちをする
・選球眼では、自分の好きな球か嫌いな球かを判断する
・いちかばちか行ってこい

野球ではなくサッカーで興味深い動画がありましたので紹介させて頂きます。


よく見る日本人のキックと違うと思いませんか?
回転を意識してないというか、力の解放がスムーズですよね。

中村俊輔選手のフリーキック(軸が安定している、コントロールしやすい)
その後に外国人選手のキック(行ってこい)

おまけに本田圭佑選手のフリーキックです。(行ってこい)

はずかしいですが、大津ボーイズのフリーバッティングも載せます。
まだまだ未完成で参考にはなりません。

改善点
・体が伸びきっている
・当てるだけで終わっている
・後ろに残っている
さて、この夏の間に足腰鍛えて振り込むぞ

4年生→5年生→4年生→3年生→6年生→4年生→4年生
ちなみに最後の子は4年生で体験一ヶ月の子です。
レフトオーバー連発しとるがな、一番成長しとるがなsweat02

投げ方について②

さて、投げ方ですが、①でゼロポジションがあるということを
覚えて頂いたと思いますが、次は腕の部分です。

Cocolog_oekaki_2012_06_29_08_32

腕の前腕と上腕の動きだけでも区別されていますので、
腕の使い方は非常に複雑なのがわかります。
昔のピッチングマシーンのように『ウイーン』『バシッーン』と単純ではなさそうです。

言葉で書きます。
テイクバックは上腕の内旋→前腕の回内
次ぎに上腕の外旋→でトップ
上腕の内旋→前腕の回内でリリース
フォロースルーで親指が下に向く

ここでわかるのが、内は力み、外は抜くということです。
よくあるのが、投げる前は、ボールをセンターに向けろ
手の甲をキャッチャーに向けろとか聞いたことありませんか?
ここを勘違いすると、肩や肘にすごく負担が掛かります。

さて、この投げ方を子供達にどうおしえればよいのでしょうか?
大津ボーイズはある道具を使ってトレーニングをしています。
この道具(どこにでもあるやつ)を使えばある程度腕全体の動きが身につきます。

少年野球では皆さん何かしら工夫をして練習をされていると思います。
投げ方については毎回練習しておりますので、興味を
お持ちの方は、一度練習場までお越し頂き、投げ方の練習を
体験してみて下さい。

Dsc_0171


Dsc_0292
テイクバック(キャッチャーから一番球が遠い場所)の腕は内旋、回内

そこから、腕を外旋させてボールを上げる
この時内旋したままだと、無理矢理ボールを上げることになり怪我の原因となります。
で、外旋の時にちからを抜いて、内旋でリリース

Dsc_0150_2

頭の後ろから、楽に腕を伸ばした位置、ゼロポジションでリリース

いやあ投げるのって本当に一球一球気を使うものです。

※子供なんやから自分の好きな投げ方でおもいっきり投げさせたらいいやん
  っていう声が聞こえてきそうですが、
  大津ボーイズでは、毎日毎日うるさいくらい指導しています。

2012年6月28日 (木)

体験入団のお知らせ

大津ボーイズでは、一緒に野球を楽しむ仲間を大募集しております。
体験入団に関しては、指定の日は無くいつでも歓迎しております。
最近では月に2人くらいの体験の申し込みがあります。
皆さんも気軽にお越し下さい。

練習日   毎週土日祝の朝9時から日没まで
自主練習  火水の夕方6時~8時15分頃まで

グランドに関しては、メインで大平市民運動広場を使用させて頂いています。
http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E135.53.27.3N34.56.56.5&ZM=12
日によって、使用するグランドが違う場合がありますので、
お越しの際は事前に連絡頂きますようお願いします。

唯一の滋賀の小学部のボーイズリーグ所属なので、
滋賀最強チームを作り、みんなの力で関西の強豪チームと対戦しませんか。

お問い合わせ 大津ボーイズ監督 川崎 090-2379-4275 まで

2012年6月20日 (水)

投げ方について①

『投げる』
野球にとって必ず必要な動作で、もっとも重要な動作じゃないでしょうか。

まず最初に投球動作の中で必ず知っておかなければならないことそれは
『ゼロポジション』です。
『ゼロポジション』とは、肩や肘に負担のかからない、一番自然(ニュートラル)
な位置でボールを投げる(リリースポイント)ことです。

どんなピッチャーや野手も必ずこの位置から投げます。
では『ゼロポジション』ってどこ?

それは、のび太くんの昼寝のポーズから手をまっすぐ伸ばしたところです。

Cocolog_oekaki_2012_06_20_09_48


ちなみにサイドスローもアンダースロもすべてこの位置から投げます。
肘を上げろとよく言われるのは、この為なんですね~
しかし、肘を上げろと意識させるのは良くありませんが。

さあ根気よく『ゼロポジション』の位置を意識して投げましょう。

2012年6月19日 (火)

ちょいと一息

さて、4年生になって公式戦に出られるようになり
元気いっぱいがんばっています。

Dsc_0184

Dsc_0254

どんなゴロでも、大げさに華麗にさばく『3番ショート』

Dsc_0185

Dsc_0639


がんばり屋『8番レフト』

Dsc_0186

Dsc_0107

野生の動き 『9番ライト』


Dsc_0187

2

動きはすでにベテラン いぶし銀の『2番セカンド』

この子達は、練習や試合が楽しくて仕方ないようで、こっちが止めない限り
いつまでも走り続けます。
その気持ちのままずっと野球を続けて欲しいです。
この子達の今後の活躍に期待します。

大津ボーイズの4年生達でしたbaseball


2012年6月16日 (土)

トレーニングについて③

さあここからが大事になってきます。
例えば重い物を下から持ち上げる時、最初に最大の力を加えます。
これを『○○○○理論』と言います。

Cocolog_oekaki_2012_06_16_05_11

逆にゴムチューブのトレーニングは伸びるにつれて、負荷が大きくなるので
最大の力は終盤になります。これを『△△△△理論』といいます。

Cocolog_oekaki_2012_06_16_05_14

野球に必要な筋力は、ボディービルの様なたくましい筋肉ではなく、スピードと柔軟性がとても重要です。
見た目は、『△△△△理論』のトレーニングの方が、終始苦しそうな表情になるので
見てる方も、やってる方も『うんうん、しごいているぞ~』という気になりますが、
実際は遅くて、硬い筋肉になってしまいます。
私の現役時代は見事に『△△△△理論』のトレーニングばかりでした。
逆に『○○○○理論』の場合は、力を出した後はリラックスした状態になります。
子供達のゆがむ顔を見たい人にはものたりないと思います。
でも実際はスピードと柔軟性が養われているのです。

本格的な『○○○○理論』のトレーニングを行うには専門的な知識が必要ですが、
子供達なら自然と行っていることがあります。
例えば、自分の身長以上の川を飛び越える時(今はそんなことしないですかね)


Cocolog_oekaki_2012_06_16_05_50
飛び越えられたときの安堵感って最高ですよね。

トレーニングもこれの繰り返しだと思います。
川に落ちないように全力でやる。バテたら越えられるまで回復して
また、全力で飛ぶ。

大津ボーイズの練習では、スピードと柔軟性を養えるトレーニングを工夫して
行っております。
興味のある方は一度見に来て下さい。

2012年6月15日 (金)

平成24年6月10日(日)練習試合

さて、平成24年6月10日(日)は、21世紀リーグのリーグ戦ということで
富田林ボーイズさんのグランドにお邪魔させて頂きました。
残念ながら小学校の運動会の為、出席出来なかった、透唯と央太郎の分まで
がんばろうという意気込みで、試合に挑みました。
Photo
大津ボーイズは2試合目富田林ボーイズさんと対戦させて頂きました。
京都ホークスさんから大事な選手を3名選出して頂きました。
ありがとうございました。

     123456 計
大津   000000 0
富田林 11300× 5×

ムードメーカの2人がいなこともあってか、全く元気が無く散発2安打完封負け
いいところなし。
しかし、体験入団の理矢は、自分に与えられた仕事をきっちり出来ていました。
ライトに飛んできたフライはドッチボール捕りでしたが、絶対に落とさないという気持ちがあった。
バッターボックスに入っては、思いっきり振って右中間にヒット
試合の時は、自分が出来ることを、一生懸命やれば結果が出る。
次の試合に向けて元気の無いチームに体で表現してくれました。


Photo_2

本日の第3試合目
京都ホークスさんと対戦させて頂きました。
富田林ボーイズさんから大事な選手を3名選出頂きました。
ありがとうございました。

         1234567  計
大津      3002015  11
京都ホークス 2010036× 12×

さて、『初回に先取点を』だけは、口うるさく言っていますが、
それ以降の試合展開でなかなか勝利に繋がらない。
6回ツーアウトから最後のバッターに外野まで運ばれたのがおまえの弱さやな。
これからは、どんなバッターでも最後のバッターは必ず三振で終わらせてこいや。

これだけ負けるってことは、夏休み毎日練習して下さいと言ってるってことやな
よし、仕事の都合つけたるから、君たち夏休み覚悟しとけよ。

この日は、人数が揃わないチームにも関わらず、お声かけして頂きまして
富田林ボーイズの監督さん、本当にありがとうございました。
また試合当日は一日中、いろいろと気を使って頂きましてありがとうございました。

最終試合のジュニア戦に京都ホークスさんのチームに我がチームから4人を仲間に
入れて頂きましてありがとうございました。
ジュニア戦勝利ありがとうございました。

2012年6月 8日 (金)

トレーニングについて②

さて、成長期の子供達に筋力トレーニングはやらないほうが良いの二つめの理由です。
これは、成長期の子供達に限ったことではありません。
根本的にトレーニングの仕方や考え方が間違っているからだと思います。
しっかりとした理論でトレーニングを行えば、成長期の子供達でも
成長を促すきっかけになると思います。

力むな、体をバネの様に使え、溜めろ、投げる時だけ力を入れろなどなど
無責任に言葉だけを掛けているだけでは、脳がパニックなります。
例えば代表的なトレーニングの腕立て伏せ

Cocolog_oekaki_2012_06_08_09_20


『どっちで力を入れるねん。しかもずっとしんどいし。しかも50回もあるし。』

曲げるのと伸ばすのは全く逆の運動で、力の意味も違います。
それを休憩も無しに連続で行うのは、どうでしょうか。
他のスポーツやボディービルなどでは、腕立てが良い場合があるかもしれません。


Cocolog_oekaki_2012_06_08_13_12

筋肉の代表的なポーズ『ちからこぶ』
これって野球をするうえで一番邪魔になるって知っていましたか。
投げる時は必ず伸展(伸ばす動き)しますが、『ちからこぶ』は伸ばすのを止める動きになります。
このポーズの時に力が入ってしまうと、急発進と急停止を同時に行うことになるので、
ケガの原因となる『筋肉の共収縮』ということが起きます。
だから、このポーズの時は力を入れてはいけないんです。→力むな?
この時の力は投げる前の『タメ』でも何でもありません。

では、よいトレーニングとは何をすればよいのでしょう。

トレーニングについて③へ

トレーニングについて①

さて、ひとつなぎの野球論について、トレーニング編を説明させて頂きたいと思います。
よく耳にするのが、特に小学生の間は、筋力トレーニングはやらせない方が良いというのを
聞きます。それは何故でしょうか?大きく2つ理由があると思います。


まず一つ目は、小学生の期間は第一次成長期の中にあるので、成長ホルモンの役割が
体を丈夫にする為に働くのではなく、柔らかい骨をどんどん大きくする為にがんばっています。
そんな時に、体を丈夫にすることを脳に命令すると矛盾が起こり、
発育を妨げてしまいます。
1mm身長を伸ばすのに掛かるエネルギーは大人の想像を超えています。
子供の時期は、子供の時にしか出来ないことを優先にしてあげるのが一番ではないでしょうか。
しっかり食事をとり、睡眠時間を確保し、適切に運動をしましょう。
そうすれば、すくすくと子供は育っていくと思います。
ちなみに、骨ができあがるのは17歳~18歳と言われています。

2012年6月 6日 (水)

6月2日練習試合対富山ヤングベースボールクラブ様

はるばる富山県から滋賀県まで、富山ヤングベースボールクラブ様にお越し頂き
交流の練習試合を行いました。
Dsc_0162
6年生を9人揃えているチームだけあってみんな大きな選手ばかりです。


Dsc_0210

身長では完全に負けていますsweat01

さて、試合ですが、連日ミーティングで初回で勝負を決めるぞ、と口うるさく指導していました。
その期待に応えて初回、2番和來がスリーベス※(この1日に関してはホームランを含む5安打サイクルヒットを達成good
3番透唯がすかさずレフトにタイムリーヒット、なんやかんやで2点を先取

Dsc_0193
守っては、ピッチャーの拓弥が初回、3者連続三振で締めて、最高の立ち上がりでした。
作戦通り初回から勢いづいて、そのまま行くぞ。
が、途中チャンスを作るも追加点がとれず、さらに5回に集中打を浴びてしまいました。
 
    123456 計
大津 200010 3 baseball安打 透唯(2)央太郎(1) 3塁打 和來
富山 01026× 9 baseball2塁打 福島君(2)、城尾君 本塁打 福島君、柴田君

ピッチャーは8奪三振でがんばってくれましたが、エラーで出たランナーを
相手のクリーンアップにホームランを打たれる。
最後に力尽きました。


2試合目は乱打戦

    123456  計
大津 012035   11 baseball安打 和來、透唯、健太郎、央太郎(2)、理矢 
                     2塁打 拓弥、和來 本塁打 和來
富山 013044× 12 baseball2塁打 城尾君、福島君、尾山君、羽倉君 
                      3塁打 城尾君 本塁打 柴田君

3試合目は投手戦

    123456 計
富山 00000  0 
大津 1010×  2  baseball安打 拓弥、和來 3塁打 騎士

投手戦といっても大津ボーイズ屈指の悪球使い騎士(ないと)の投球に
富山打線が合わなかっただけでしょう。
何せ3球に一球は背中のさらに後ろにボールが飛んでくるのですから・・・
試合は夕方4時までという約束により、5回で終了させて頂きました。
ということで、勝利及び完封はなりませんでした。


Dsc_0806
練習時の騎士(ないと)の投球フォーム※これは怖いsweat02

Dsc_0201

Dsc_0205

お昼はみんなでカレーを食べました。

当日は、遠方にも関わらず、お越し頂きまして本当にありがとうございました。
次回は大津ボーイズがお邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。

6月は2週続けて練習試合があるので、集中を切らさずに引き続き全力で立ち向かっていこう。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »